金とは?

金取引で資産倍増計画

金とは?

最近何かと金に投資をする人が増えています。
これは金には、長期的な信用があるからです。
金には、それだけで価値があります。

では金とはどのようなものなのでしょうか?

金とは、周期表の第11族元素に属する金属です。
貴金属の一種で単体の金属として知られています。
この金属は柔らかいが重く、また、光沢のある黄色すなわち金色をしており非常に薄く延ばすことが出来る金属です。
同族の銀と銅より化学反応がおこりにくいです。

金は昔から広い地域で貴金属として価値がありました。
また、単体で産出されることから装飾品に使われた最古の金属でもあります。
さらに銅や銀などと一緒に貨幣に使われていました。
金が使われたものは金貨と呼ばれました。

この金の価値は昔から知られており有史以前から利用されてきました。
金はそのままの形で自然界に存在していた為、人類が最も早く発見できた金属です。
金は紀元前3000年頃から使用されており、紀元前7〜6世紀頃金貨としてエレクトロン貨に使用されました。

このように、金は、太古の昔から使用されており人々の生活から切り離すことのできないものとなっています。
古くから高価なものとして知られていて、現在もその価値は変わることなく高価なものとなっています。

金相場への投資
copyright(C)金取引で資産倍増計画